No.1 占いを勉強することになったきっかけ・・・
占い師になったきっかけは?とよく聞かれます。
人からみればとるに足らない事にこだわる私のこの性格が一番のキッカケなんだろうなぁーと思います。でもこれといった出来事がなかった訳でもないのです。


結婚して家庭に入り家事を精一杯頑張っていました。家事って何でも屋さんでエキスパートなんですよね…。この頃の私の目標は主婦にプライドを持った「スーパー主婦」でした(笑)
子供がお腹に宿った頃はそれプラス自己管理…掃除・洗濯・料理…不満はあまりなかったと思う(笑)

何故かこのままで終わりたくない…という意識はずっとありました。将来子供部屋にする予定のお部屋をアトリエにしてイーゼルを立て絵を描きながら「結婚生活も後2年…」というフレーズが頭を過ぎり「何で?!」と思っていました。

この頃はかなりの「風水」おたくでした(笑)風水に関係する本は、この時点で30冊は持っていました。古本屋さんに出入りして廃盤になった本などを探しまわってみたり…良くなる事は何でも取り入れたいと思っていました。
よめる訳でもないのに…占星術の本を手に取って手書きで自分と家族や友人のホロスコープを片っ端から書き続けたり、四柱推命の本を手に取って、これまた家族や友人の運命式を片っ端から書き続けたりしていました(笑)。自分でもこの頃の行動は不可解でした。でも占術の本に向かっていると、不思議と時間の経過が感じられないくらい集中できました。


そして2年が経ち…人生の転機ともなった問題がおこりました。
離婚の危機です。最悪な事に調停をする事に…。
子供は絶対自分が引き取りたい。
生活を考えなければ…。
生活力をつけなければ…。


デザイナーに戻るにもブランクがあり過ぎる…とても悩んでしまいました。調停期間中…何かを勉強しなければ…と焦りイロイロな職業について調べました。過去にデザイナーだったから、カラーに関係する勉強をしようと思い、資格を取ったりパーソナルカラーのスクールに通ったり、色彩心理学の先生について学ばせていただいたり、徹底してその方面の知識の追求をしていました。 それは決して前向きな追求の仕方ではなく、暗闇の中…手探りで必死に前を目指しているような辛い状態でした。「知識という知識は全てどん欲に吸収しよう」と決て、授業を受けたら直ぐ復習して記憶して予習。人生で一番勉強した時期だったのかも(笑)
何かに追い立てられ、見落としている事はないかと常にあせっていました。
「幸せになりたい…」そうつぶやいて勝手に流れ出す涙に驚いて「幸せになってみせる…」と心の青い炎に誓いました。


そんな時、占いフリークの友人ができたので、彼女の熱心な話しを聞いていて「何かのヒントにならないかなぁ」と思い、占って貰う気持になりました。普段の私なら絶対にみて貰おうと思わないような占い師さんの所に行ってしまいました。西洋占星術でしたが、結果は散々で「あなたには感性が無いので、カラリストやデザイナーは無理です。普通の事務職か何かで我慢するしかないよ。結婚運も悪く、一度も結婚できないか結婚しても死別しますし、子供にも縁がないので子供は産めないでしょう。ラッキーな事に金運だけはあります。」という感じでした…。代金を支払ってその場を立ち去った後、大きなため息とともに怒りが込み上げてきました。「離婚はしかけているが子供はいる。デザインの仕事でまがりなりにもお金を稼いで、コンクールで入賞した事もある。確かにお金に困った事は無いが…感性がないなんて言ってもいいの?」暗闇の中で「小さな光でもいいから出口に出れる糸口はないのか」という気持で訪ねたのに…。占いなんかにヒントを求めた自分にとても腹が立ちました。


それから空回りしながらも3ヶ月が過ぎ、カラーのスクールの通学途中で、キレイな占い師さんのいる鑑定所を見つけました。まだ調停中でイロイロ悩んでいましたが、3ヶ月前のキズが生々しく、みてもらう勇気は出ませんでした。それからさらに2ヶ月が経ち…スクールが終わりに近づいたその日、とても気分が良く、通りかかった時にお客さんがいなかった事も手伝って占い師さんの前に座りました。結果は前回の内容とは真逆で、全て良すぎて不安になるくらいで「悪いところがあれば言って下さい。本当の事が知りたいんです。」と言ってしまうほどでした。その時疑問が一気にふくらみました。私はそれまで占いというのは、誰がその人をみてもある程度同じ内容を告げられるのだろう・・・と勝手に思っていました。占いに興味を持たずにきた私にはそれは衝撃でした。


「本当は何だろう・・・占いでみた本当の自分は一体どうなっているのだろう・・・」私の心の中の叫びでした。この事が小さな種火になったように思います。その後その先生のところに2、3度通いましたが、突然プツリと行方がわからなくなり、ついに「本当の事を知りたいのなら、勉強して自分でみれるようになるほかない。自分でみたものを受け入れよう…」と思い、占いへの探求が始まりました。


最後まで読んでくださってありがとうございました。

占いRays銀河玲・南船場鑑定所
www/RayGinga.com
大阪市中央区南船場4-10-20-グランドメゾン西心斎橋206