No.2 タロットを勉強したきっかけ・・・
22歳デザイナーだった頃に遡りますが、黒い洋服が大好きで、全身黒づくめ。その上ストレートのロングヘアーだったので、魔女とか占い師とかお仕事何?とよく言われました。(今よりずっと占い師らしかったのかもしれません…笑)


その頃自分の部屋に、グリーンの発光体が出現していたり、予言めいた事を言う友達ができたり、霊感が強く人に影響を与えやすい人が寄ってきたり、子供の頃不思議な体験をした事を、何の躊躇もなく話せるようになりました。
最初にタロットの話しが出たのはこの年でした。


予言好きで占い好き、神秘が大好きな3歳年上のKさんが、霊感占い師の所で私の事も聞いてきてくれました。
Kさんも私も特別な星の元に生まれていて、Kさんは手相を勉強し(現在彼女はお寺に嫁ぎ二児の母です)、私にはタロットの勉強をさせると良いと言われたと教えてくれました。その時は占いの勉強をするなんて夢にも思っていなかったので、曲がりなりにもデザイナ−で手に職がある人間に「いきなり何を言うねん!」と思い笑い飛ばしました。


それから数年後、人生の大きな転換期に疲れ親友のお宅におじゃまして話し込んでいると、CMのプロデューサーで修行僧でもある親友の彼が「占い師なんて向いてるんじゃない。タロットなんてできれば、売れっ子になるよ保障する。」と言いだしました。この時もいきなり何を言いだすねん!と思い笑い飛ばしました。



そして・・・占術の勉強を始めてから少したった頃(詳しくは『No.1占いを勉強することになったきっかけ』をお読みください)、カバラと夢占いと霊感タロットを専門にされる占い師の先生と知り合いました。御忙しい方でしたが勉強熱心で、暇ができると「お茶でもしませんか〜」と誘って頂きました。占い業界をよく知らなかったので、どんな事でも勉強になりました。。


ある日「あなたはタロットに興味はないの?雰囲気を見ているとプロの占い師を目指すなら、タロットは強みになると思うけど?」と切り出されました。
「占いは本当の事を知りたいから勉強しているだけで、占い師になりたいからではないのです。」生意気な事を言って軽く拒絶しました。
先生もめげずに「最初会った時にも感じたんだけど、あなたとこれまでお話してきて、占い師にとても向いていると確信があるのよ。あなたはお仕事にすべきですよ。タロットも勉強するべきです。」とても熱心に進めて下さいました。
でも…私は「もし仮に占い師になる事があったとして、カードが必要ならば、カラーセラピーを取り入れたカラーカードを使うと思うので今のところ…。」となんとか断ろうとしました。この時点で占術に、毎月6万円近い学費をかけていたので、正直…これ以上何かの勉強をする余裕がない…。長い年月積み重ねた統計学は信用できても…所詮カードでしょ…なぁんて心の声(笑)。

少しの沈黙の後「そんなに良いものなら、私をそのカードでみてください。」とおっしゃいました。
話しの流れ…できないとは言えない雰囲気…追い詰められ「もうどうにでもなれ」と言う気持ちで40枚ほどあるカードを並べ3枚選んでいただきました。 

最初は 薄桃色に紫とイエローで門と階段が描かれたカード。2枚目はターコイズブルーに濃い紫とバイオレットで抽象的な絵が描かれたもの。3枚目は濃い紫に濃いブルーで抽象画が描かれたものでした。
占い師でも何でもないド素人の私が、それを元にしてプロの占い師さんを曲がりなりにも鑑定するなんて、本当はとても恥ずかしくて、バカのする事だったと思います。それでもO先生のタロット勉強提案から逃れたい一心で・・・カードから自分が読み取れる要素から・・・
「遠い過去ー親の離婚、離別に伴う苦痛・母親への怒りと愛・本当は愛されたいけれど叶わない…この頃人に尽くす事をいとわない、思いやり深い部分が形成されました。それは自分自身がそのように愛されたいという気持ちかが元になっています。
近い過去ー父もしくは、高圧的な人物からのストレス・この頃から夢見がちでロマンティック・夢想癖・逃避傾向が出やくなって来ました。今の感受性の鋭さもこの頃から磨かれてきたもの…現実を認識すると辛いからですか…片足は夢の世界にあるみたいです。
現在ー高いインスピレーション・傷はまだ癒されない・恋愛が上手く行かない…男性との関係が上手く築けない・隠された天命・人を癒す事によって癒される…」
鑑定とはとても言えないような内容でしたが、半ばヤケクソで終了しました。


しばらく無言が続きO先生が話し始めました。
「最愛の母を16歳で亡くし、それ以来厳格で頑固な父と二人暮らし。息の詰りそうな生活から逃避する為かどうか、空想にふけるようになり、その頃から占いに興味を持ちました。成人して一人暮らしを始め、人生を楽しむつもりでしたが男性と上手く関われず未だに結婚できていません。働いていた職場の上司とも上手くやれなくて…いつも不満で…そんな時、占いを教えてくださった先生に出会い、導かれ占い師になりなした。私は人を癒せるこの仕事を、天命を受けた天職だと信じています。あなたにも天命を感じます。」とおっしゃって少し涙ぐんでいました。


当たるとか見抜くとは違うゾクゾクする感覚・・・。生まれて始めての感覚に鳥肌が立ち、一種の感動を覚えました。
先生も「なんだかとても感動しました。」とおっしゃって、続けて「とても気持ちが軽くなりました。そのカードよりタロットはもっと奥が深くこれまでだけでなく、これから先も予測できます。そのカードはとても素晴らしいけど、世間にあまり認知されていない物でしょう?認知度の高いタロットの方がずっとプロ志向ですよ。使う感性はほぼ同じ。騙されたと思って勉強しておきなさい。近日中にここに連絡しなさい。」半ば強制的に先生を紹介され、ご自身も時間が許す限り協力するからとおっしゃいました。
なぜ他人の私にここまで進めてくださるのか…とても不思議に思いました。同時に…何年か前にほかの人達から言われた事が気になりはじめました。何より…さっき味わった感動が、いったい何なのかを確かめたくなり、勉強だけでもしておこうと決心しました。


O先生…。私にタロットを勉強するきっかけを下さった事を心より感謝しています。
占いRays銀河玲・南船場鑑定所
www/RayGinga.com