生命判断

名前は宿命(遺伝子レベルでの要素・顔形など…)に対して、後天的につけられる運命傾向(性格や行動など…)で、運命を左右するものです。名前が良いほうが、人生を波乱少なく楽に生き易く、名前に問題があると、実力を発揮しにくくなったり、掴めるはずのチャンスまで逃すなど、人生に波乱多く試練が伴い易くなります。せっかく良い名前を付けて貰っていても、勝手にひらがなやカタカナに変えて使っていると、その使っている方の名前の影響を受けてしまうので、安直に変えて使うのも危険です。

基本的には、年月日による宿命と運命の傾向。数霊と音霊・五行のバランス。書体と画数の調和。漢字や言葉の意味。それらを踏まえ、名前全体を人体として置き換え、運命式としても検討してゆきます。

姓名判断については、流派の違いだけでも見解に違いがあり、その他には四柱推命的統計学に基づいた考え方、九星気学的統計学に基づいた考え方、西洋占星術的統計学に基づいた考え方(ブラジルなどで用いられているようです)、もちろん数理運命学、カバラ等々…に基づいた考え方など…ありとあらゆる角度から検討できます。
氏神様の宮司さんや偉い和尚さん、霊能者の先生などから、「神の言葉的」にお名前を頂く場合もあります。その場合、あまり姓名判断は視野に入っていないようです。
日本での姓名判断は、他の統計学よりも比較的歴史が浅く、今も検討され統計に少しずつ変化があったり、新しい流派が生まれてきたり進化続けています。

人生に行き詰まると、比較的最初に検討する部分なので「自分の名前がどういうものか知りたい」とか「名前のせいで不遇なんでしょうか」などと尋ねてこられる方も多くみられます。一般の方でも無関心ではいられようです。また改名や命名で開運を計ろうと考える方も数多ですね。ただし改名に関してはタイミングも大切ですが、同時に意識改革も必要になりますので、安直に「改名すれば開運する」と思うのは間違いかもしれませんね。
まだまだこれから可能性の広がる占術でしょう。

www.RayGinga.com
占いRays 占い師・銀河玲 オフィシャルサイト 大阪市中央区南船場4-10-20グランドメゾン西心斎橋206