輝きはそのままに


昨日は雨が降り出す前、すごくいい風がふいてた
こんな風を感じるといつも
Stevie Wonder の「 STAY GOLD 」という曲が
頭の中に流れてくる
    
随分昔の映画だけど
フランシスコッポラが自分的ブームだった頃に観た
「アウトサイダー」のエンディングで
この曲を聴いた瞬間、切な過ぎて大好きになっ た
 


まだ幼かった頃は 毎日がキラキラしていて
いつまでもその輝きの中にいられるものだと
心から信じて疑わなかった
 
楽しい出来事ばかりを輝きと例えるのではなく
もし辛過ぎて泣いていたり…
必死にもがいて苦しんでいたとしても…
 


この瞬間を精一杯生きていたなら
その結果を手に入れた未来の自分からは
なにもかもが輝いて見えるんじゃないかな
   
後悔を伴うような選択や
だらしなく頑張れなかった頃の自分を振り返る時は
確かに嫌な痛みを伴う思い出になってるし
そんな思い出は少ないのに越したことはない
 


今が永遠に続かないことや
何もかも瞬く間に過ぎることが分かってきたから
あの頃より余計に歌詞が心に響くのかもね
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
「 STAY GOLD 」スティービー・ワンダー
            訳詞 銀河玲風味
 

あの瞬間を思い出そう…遠い昔のことを…  
ふと振りむいてみるとそこには
あの頃のままの君がいる  
とても若く屈託のない笑顔で
  
そして今こそ君は気づくんだ
どの瞬間も眩いばかりに輝いていたと
 


静かにあの頃に戻ってみよう
全てが永遠に続くと信じられたあの頃に
  
だけど…それはまるで天気のように
永遠に変わらないことなど何もなく
 
やがては気づくことになるだろう
この輝きをそのまま留めておきたいと
 


だけど…本当に色あせてしまうのか
いま僕たちが目の当たりにしている
こんなに鮮やかな出来事もなにもかもが
  
そしていつか君は語るだろう
一日が終わりを迎えると必ず太陽は沈む
 
でも…そこには一筋の光が残り
真昼の眩さを称えて輝いていると
 

         
人生とはたった一度の瞬きのようなもの
悲しみや慈愛あらゆる想いがあふれている
 
今は想像もできないだろうけど
黄金の輝きを含めたすべての出来事は
矢の如く過ぎ去ってゆくんだ
 
たとえどんなに輝いていたとしても
  


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
未来の自分が現在を振り返った時
いつも心に黄金の輝きを放つ過去になるよう
毎日を精一杯生きてゆこう
STAY GOLD 輝きはそのままに…
 
いつもありがとう
銀河玲より愛と黄金の輝きを込めて
未来が輝きて満たされますように
 

error