産土神社の探し方ⅲ/産土神を探しあてた経緯

産土神社の探し方ⅰⅱ産土神を探した理由
知っているとご利益を頂きやすくなるのと
探したくなった理由を紹介させて貰ったので
今回は実際に探しあてた経緯です
 


産土神・産土神社を調べるのに
必要な条件や知識が分かった上で重要な情報は
 
お母さんのお腹に宿って
「妊娠5ヶ月目頃に住んでいた住所」
 


妊娠5か月目の戌の日の祝い帯を巻く頃
産土神が 生まれるよう促して下さった魂と
親から貰った肉体との結びつきが安定するため
妊娠5ヶ月頃に住んでいた住所が重要になる
 
妊娠中に転居があった場合は
安定期に入った妊娠5ヶ月頃住んでいた住所
 
ついでに、母が出産した病院や場所の住所
 


これには、諸説あり、出生の産院近くの神社と
妊娠5ヶ月目頃に住んでいた住所近くの神社
更に近くに幾つか神社がある場合は
 
実際にお参りして
しっくり来る神社を産土とする考えもあるので
母親が出産した病院の住所も調べておく
     


さて、私の産土様探しに戻り…
先ずは、両親に正しい住所の聞き込みをしました
 
分かったのは「青森県西津軽郡大字○○町字○○」
番地を思い出せないようなので
当時、周辺に何があったかなども聞きました
 

 
聞いた住所の地域周辺をグーグルマップで
ストリートビューと航空写真を交えて調べ
更に、近くにある神社も調べた  
 
そうすると神社っぽいのが4~5箇所ある
行かなくちゃ分らない部分もありそう…  
 


そこで「産土神社を探している」と
青森県の神社庁に電話してしまった…w
   
とっても親切に対応して下さったけど
両親が番地を覚えていなかったのと
区画が何度か変わったらしく
 


青森神社庁では限界があるという事で
地域の神社をみているという
神社と神主さんを紹介して下さった
 
紹介してくださった神社に電話すると
宮司さんが親切に対応して下さって
 
おそらく「神明宮」ではないか…となり
神明宮の簡単な成り立ちと
その神社の祭事などを教えて下さった
 


興味がわいたので詳しく調べてみました
 
神明宮は既に1500年代には祠があったとされ
1558年、西海岸の豪族の氏神さま
天照大神(あまてらすおおかみ )を主神とした
神明宮(御伊勢堂)を建立した
 
1634 年、 伊弉諾命(いざなぎのみこと)
伊弉冊命(いざなみのみこと)を祀ってた神社と
合祀して今の状態に至った
   


神社庁さんはじめ地元の神主さんのお陰で
産土神社は「神明宮」産土神は「天照大神」
と分かりなんだかホッとした
後世に男神とした説はあるけど…女神様いたねw
 
ここでの問題は単純に遠い…
 
産土神社を直ぐにお参りするのが
ベストには違いないけど…
大阪住みの私には
青森は気軽に行ける距離じゃないかな…
 


こういうケースは少ないとは思うけど
参考までに… 産土様が遠い場合…
 
・産土神社が主神としている総本宮
 
・産土神社が主神としてお祀りしている
 神様を主神としている近くの神社
 
・近くの 産土神・氏神・ 鎮守神
 
・ご先祖様に手を合わせる機会  
 


上記のどれかにお参りに伺い
伺った神社の神様にきちんとご挨拶してから
 
「産土神社と産土神のお名前
 うぶすな神さま、いつもお守りくださいまして 
 ありがとうございます 
 フルネーム、生年月日、お願いの内容」 を伝える
 
そうすると産土様がいらして下さるらしいです
神社の神様が怒ることはないので安心して下さい  
 


もう一つお手軽な
産土神を意識し、毎日感謝する方法がある
 
神棚があるなら神棚に、無ければ朝日に
朝と晩、手を合わせて産土神に感謝して
 
『うぶすな神さま、うぶすな神さま、
 うぶすな神さま、いつもお守りくださいまして
 ありがとうございます』と唱える
 
産土神への感謝の気持ちが大切ってことかも
   


ここでまた私の場合
産土様は青森県、ご先祖様のお墓は秋田県なので

・神明宮-天照大神の総本宮は「伊勢神宮」
 
・神明宮が主神としてお祀りしている
 天照大神を主神とする近くの神社は「御霊神社」
 
この二つの神社が現実的かな?と感じてます
 


「伊勢神宮」には春頃伺い
普段は靭公園近くの「御霊神社」に伺い
経路を検討して産土神社の「神明宮」にも
伺えるようにしようかな
 
どの方法をとるにしても
どの神社の神様か、分からないと困るから
よかったら調べてみてね
 
いつもありがとう銀河玲より愛と感謝を込めて
世界が愛で満たされますように  
 

error