True Colors それは美しい色

産土神社の事が長くなったので
ここいらでヒューマン系のことを書きたくなり
 
2014年に公開された
ロンドンが舞台になっている映画「アンコール」と
劇中で使われた楽曲 TrueColors のことです
 


72才高齢の気難し屋のアーサーが主人公
愛する妻マリオンは、彼とは真逆な性格
明るく大らかで歌う事が大好き
通ってる合唱団の仲間からも家族からも愛されてる
 


人と関わるのが苦手なアーサーだったけど
以前ガンを患った妻を気遣い送迎をしてる
 
合唱団が「ねんきんず」という名前で
コンテスト出場へ向けスタートした矢先に
マリオンは倒れ、ガンの再発を告げられる
 


積極的な治療をしても成果は見込めず
お医者様から、治療を止め
自宅で好きな事をするよう進められた
 
自宅で最後の時を迎える決心をしたマリオン
だけど大好きな合唱団で歌い続ける事に
 


そうしてコンテストの予選の日
メンバーは観客を魅了する合唱を披露した
最後にマリオンが独りマイクの前に立ち
 


「トゥルー・カラーズです」と短く伝え
静かに歌い始めた
最愛の人との別れを目前にした愛の歌を
 


彼への愛おしさは当然のことだけど
偏屈な彼の最大の理解者だったマリオンが
不器用な彼を、残してゆく心の痛みや心配が
痛いほど伝わって…涙がこぼれた
 


「トゥルー・カラーズ」って
こんな感動を誘う系の曲だったっけ…
 
実は当時ヒットメーカーだった
ビリー・スタインバーグ&トム・ケリー制作
その楽曲にシンディー・ローパーが手を加え
80年代に大ヒットした曲なのでした
 


沢山のアーティストがカバーしてるし
歌詞の内容からゲイの人たちの
人権運動のテーマ曲として使用されてるみたい
 
マリオン役のヴァネッサ・レッドグレイヴと
アーサー役のテレンス・スタンプの演技のせいか
確かめたくなって、観終わった後に聴き直したし
 
さてさて…映画のストーリーに戻ります
 


その場に居合わせた人々から賞賛を受け
自宅のソファーに座った二人
 


アーサー:
「今日の君は幸せそうだった 
 私は、ずっと君を幸せに出来てない」
 


マリオン:
「一緒にいるだけで幸せよ (アーサーの手を取り)
 アーサー・ハリス、愛してるわ
 私の前に気難しい顔で現れた日から
 彼方とやっていく覚悟は出来てた…
 支えて貰った。」
  


アーサー:
「死んで欲しくない…行かないでくれ…頼む」
 
マリオン:「もう疲れた…ヘトヘトよ…」
 


大きなドラマ展開や意外性は無くても
いちいち胸に迫るヒューマンドラマだったかも
中盤くらいから結構泣いてました
 
相当なネタバレなので
映画のことはこの辺りにして
劇中でマリオンが歌った
True Colors について少しだけ…


いい曲だとは知っていたけど
見直したらとっても素敵な歌詞だったし
今聴いても古さを感じない楽曲でした
 
身近な人が人生に迷ったり
アイデンティティーを見失いかけた時に
贈りたい曲だなあって思います
 


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

True Colors

         トゥルー・カラーズ /和訳

悲しい瞳をしたあなた どうか希望を失わないで
  
勇気を出すのは 難しいとわかっているわ
 
人があふれた世界では 道を見失しいがち
 
あなたの心の暗闇が 惨めな気持ちにさせるのよね
 


笑顔をみせて 悲しみに沈んでちゃだめよ
 
あなたが笑うのを 最後に見たのはいつかしら
    
この世の中の重荷が 背負いきれなくなったら
 
私を呼んで、そばに行くから
 


私にはあなたの本当の色が見える
 
本当の色が輝いてる だからあなたが好き
 
怖がらないで本当の色を見せて あなたの本当の色
 
トゥルー・カラーズそれは美しい色
 
まるで虹のように
 


私にはあなたの本当の色が見える
 
本当の色が輝いてる だからあなたが好き
 
怖がらないで本当の色を見せて あなたの本当の色
 
トゥルー・カラーズそれは美しい色
 
まるで虹のように
 


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  
普段はイメージに合うよう手を加えるけど
今回は劇中の字幕に近い和訳を選びました♪
  
私にはあなたの本当の色が見える
本当の色が輝いてる だからあなたが好き
トゥルー・カラーズそれは美しい色
まるで虹のように
  


この歌詞、お店の名前をRaysにした理由と似てる
映画だけでなく楽曲も大好きになりました

いつもありがとう銀河玲より愛と希望を込めて
世界が愛で満たされますように
 


error