もし成功があるなら絶対に諦めなかったから

ずっと頑張ってきたある人が
「何してるんだろ…こんな事でいいの…」と
うつむき加減でつぶやいた…

 
わかるよ、でもね諦めたらそこで終わり
もし成功があるなら絶対に諦めなかったから
 
それなら例題はいくらでもあるよ
 
先ずは、公爵家の長男として生まれた
ウィンストン・チャーチル
 


幼少の頃は乳母エヴェレストに養育され
家庭教師までつけて貰ったけど
勉強が苦手で大嫌いだったらしい
 
彼の幼少期~少年期を調べていると
もしかして発達障害かもと思うw
 
成績は全教科最下位で
体力もないうえに遊びも得意じゃなくて
クラスメイトから嫌われていた悲しい問題児
 


無くし物や忘れ物、遅刻が多く
突然勉強を始めたと思えば全くやらなくなる
 
子供の頃には言語障害があったとされ
名門の寄宿学校では体罰が耐えなかった
体罰に抵抗があったアメリカ育ちの母が
のんびりした寄宿学校に転校させた
 


言語障害のせいだったのか
政界と社交界の活動が忙しかったのか
家族は一度も面会に来なかったみたい
 
ただこの頃は
政治家として成功した父の威光もあって
クラスメイトとは上手くいってた
 
彼は父親と話した記憶がないまま成長し
劣等生だったお陰で
得意ジャンルだけを勉強して過ごせたから
軍人としての基礎と文筆力を培えたらしい
  


名家の子息なので当然進学するんだけど
実は劣等生が大抵進む事になった
サンドハースト王立陸軍士官学校に入る為に
校長の薦めで入試用の予備校に入ったw
  


その後、選挙で敗北しても諦めず
軍人、議員として奮闘し数々の勲章を受けた
 
とうとうイギリスの首相へと上りつめ
終いにはノーベル賞も受賞した
 


彼は名言を残している
「成功とは、意欲を失わずに  
 失敗に次ぐ失敗を繰り返すことである」
いい言葉だよね
 
~更に何人かの賢人を紹介します~
  


第16代アメリカ合衆国大統領の
エイブラハム・リンカーン
 
1832年春 ビジネストラブルで無職になる
1835年 最愛の恋人Annを亡くす
1832年 州議会に落選し8回の選挙に落選し
     次男を病気で亡くしてる
 

 
狂犬病やコレラのワクチンを発明した
生化学者で細菌学者のルイ・パスツール
 
大学在学の頃は平凡すぎる学生で
化学の成績といえば22人中15番目だった


進化論の方向性を確立し生物学で重要な功績を残した
自然科学者のチャールズ・ダーウィン
 
医師への道を諦めた時に父から
「動物を捕まえるしか脳がない」と言われた
 


周囲から一般の知性レベルに達してないと思われた
発明王の異名を持つトーマス・エジソン
 
小学校の教師から
「学習する知能がなさすぎる」と言われ
大人になってからも
「生産性がなさすぎる」と2度も解雇された
 


1000 度の失敗を重ね電球を発明した時
 
記者からの質問
「 1000 回も失敗した気持ちはどうですか?」
 
エジソンの答え
「 1000 度も失敗をしたわけではない
  1000 のステップを経て電球が発明されたのだ」
  

 
話題の相対性理論を築きあげた
理論物理学者アルベルト・アインシュタイン
 
4歳まで話せず、7歳まで字が読めなかった
両親も先生も彼の知能を低いと思っていた
 

  
先生から言われたのは
「精神的に遅れていて、社会性に欠けていて 
 とりとめのない空想にふけっている」
結果退学になり他の学校からも入学拒否された
  


フォード・モーターの創設者ヘンリー・フォードは
会社が成功するまで7度の失敗、5度の破産をしている
 


ウォルト・ディズニーは
 
働いていた新聞社から
「想像力に欠け、よい発想は全くない」と解雇された
 
ディズニーランドを建てる前に何度も破産し
テーマパークの建設を拒否されていた
  


まだまだあると思うけど…
 
これらの例題が物語っているのは
絶対に諦めずにチャレンジを続けらるなら
賢人達のようになれるかも知れないという希望
 

 
上手くいくまで1000回の学びが必要なら
単純に1000回 やればいいんだろうし
それが5000回でも同じこと
   
知能や感性が低いといわれても
単純に続けた人だけが見られる世界ってあるかも
 


転んでも無言で立ち上がる
諦めの悪い努力家が成功するってことなら
 
「もし成功があるとしたら
 それはその人が諦めなかったから 」

そう唱えながら
これまでの頑張りを信じて頑張れるといいね

いつもありがとう銀河玲より愛と希望を込めて 
世界が平和でありますように