長く占い師をしていると

運と宿命について考えるシーンがしばしばあります。 

離婚しちゃいましたが結婚前の遥か昔の事… 
ある占い師さんから
 
「彼方は感性がないから デザインや芸術はムリ…感性を使う仕事じゃなく事務職にしなさい。子供は絶対に授からなぃいし、残念だけど結婚しても旦那と死別するよ」と
めちゃくちゃショックなことを言われました。
 
玲「あのぉ… どうすればいいよくなるのか方法を教えて下頂けませんか?良くなるならどんな努力でもします。」
 
★「生まれてくる時に 決められた運命だから、どんなに努力してもムリ 。運命を受け入れなさい。金運いいからいいでしょ。」
 
玲「でも…もう入籍してますし… 10月にお式なんです。それに一応デザイナーをしてましたし、コンテストで入賞もして感性ないんでしょうか…それに金運だけ良くていいと思えません。時期が悪いなら考えたいので…」
 
★「時期の問題じゃなく 運がそうなんだから。どの時期でも変わらない。高額の保険に入りなさい」
 
玲「…」(勉強して確かめるしかないのかな…)
 
これが運命学を勉強する きっかけなのw
 
 
 

月日が経ち…勉強して鑑定して分かったことは…

生まれる環境や遺伝子は変えられない宿命。
だけど運命は選べるという事だった。
 
例えば…お客さまや知り合いに、三つ子さんや双子さんが なん組かいて、例外や微妙な共通点はあっても、全員が同じ人生を歩んでないのはどう説明すればいい?
 
ある三つ子さんの場合…
1人は実家暮らしで40歳手前で独身。東京に行った子は25歳で結婚して子供が3人いる。九州に行った子は 29歳で結婚して子供が1人いる。
 
時間の差が分単位であるにしても、3人とも同じ日に生まれたけど、ある段階で違う環境(運命)を選んでたんです。
 
そうして選んだ運命の先に いくつかの道が出来て、またそれを選択してゆく…。
 
同じ日に生まれても人生に差が出るのは、選択のせいとも言えるでしょう。
 
実は…運にはある程度の幅があり、上限と下限でかなり違う人生になる。
占いは、運の上限を最大に生かすツールだったんです。
 

占いは運を味方にできるツール

  

占いは人生を決めつけるものじゃなかった。

自分の宿命を理解し、 運がいいと思っていても過信せず、
運の波(バイオリズム)を意識していれば、上手く波に乗れるので
幸運の上限を生きるラッキーな人生になります。
 
結婚運に問題があるなら…運が最大になる時期に、懸命に努力をすればいいパートナーを掴めるし、事業を発展させたいのなら、良い波を敏感に読み取っていれば、当たり前のように発展してく 。
 
ただし相手がある事には相手の意志や運も関わるから、頑張っても上手く行くと限らないのですが…。
 
随分と前に自分の力を過信して 「運なんて関係ない。結局自分なんで」言い切った方が、頑張ってもどうにもならない周期に入った時に、「本当に運ってあるんですね」と 弱々しく笑った姿が忘れられないです。
 
 
占いは運を味方にできるツール
 
 
実際に起業されていて ある程度の規模になると
      

自分の力だけではどうにもならない何かを感じ

運を感じ取る大切さを理解されてる。そして…実はそういう方ほど謙虚なのです。
 
運がいい時は 何もかもがスムーズだし、すべき事が分かりやすいけど 、流れがまずくなると、周囲の意見に惑わされたりタイミングがズレたり、
様々なトラップやフェイクがやって来る…
 
誰だってそれに騙されないよう運の上限を捉えていきたいね。
 
占い師はやたらと怖い予言して怖がらせるのではなく、「宿命的に不利な事があっても、後天的な 運を味方に付ければ、その人の運の上限を捉えて生きられる」という事を伝えるのが本来の役割なんだと思います。
 
そして占いの鑑定を受けられる方は、占い師の予言を鵜呑みにすのではなく、占いと占い師を、運を味方にする為のツールなのだと理解して頂ければ幸いです。
 
いつもありがとう銀河玲より愛と感謝を込めて
世界が平和でありますように
 
 
アバター

RayGinga

Ray Ginga Blog ~ a happy way of life - 幸せな生き方 ~ Raysの対面鑑定にて推定鑑定人数25万人を超える人気占い師銀河玲が日々のなかの何気ない幸せについてや、幸せになるための秘訣について、そして幸運な道を選んで生きるのに必要なことを少しずつ書き留めています。

recommended

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。