胸いっぱいの愛の歌

お休みの日に電車で移動していると
抱っこ紐のママが乗り込んで来た
 
一歳半くらいかな…たぶん女の子
寒くて着ぐるみみたいにモコモコだし
握った小さな手が可愛すぎる…
 

  
体調があまりよくないのか
目を覚ましてはグズグズしてたから
  
揺すったり…お尻をトントンしたり…
ママは寝かそうと必死…
  
迷惑をかけないようドアに向き
聞こえるか分らないくらいの小さな声で
子守唄を歌うと…静かに眠りはじめた
  


そういえば私も娘に子守唄を歌ったな
彼女が眠るまで Eternal Flame を…
  
そう…恋の歌なんだけど
赤ちゃんとの出会いって恋に似てる
  
産声をあげた瞬間…
表現できない想いで胸がいっぱいになった
  


小さな、小さな、両手を握りしめた
掛け替えのない存在が
人生のひと時を淡いバラ色に染めてゆく
  
抱っこすると心臓辺りに頭がくるから
ドキドキが聞こえるかな…って微笑むし
寝顔を見てると無条件に繋がりを感じる
  
ぷっくりしたほっぺ
少し開いた小さな唇からもれるミルクの吐息
手の小さなくぼみや、ニコーって笑うのも
何もかも可愛くてウットリしちゃう
 


娘の訪れが幸福をくれた日からというもの
存在が愛おしくて仕方がなくて
小さな背中を優しくポンポンしながら
胸いっぱいの愛の歌を歌った
  
赤ちゃんの頃は抱っこしながら…
幼児の頃はベッドの横に座って…
お布団の上から優しくトントンしながら
 

 
もう少し大きくなると
絵本の読み聞かせや、創作の物語りの後に
寝息が聞こえるまで歌ってた
  
抱っこしてる背中を
優しく”ポンポン”するイメージで歌うとね
  
眠りにつく赤ちゃんの呼吸と似たテンポと
その子を心から愛する想いに似た歌詞が
妙にシックリ来るんだな…
 


今となっては時は刹那…
あっという間に赤ちゃんじゃなくなるw
 
だけど Eternal Flame を歌うたびに
あの甘く切ない幸せを思い出せるし
その時感じた幸福は永遠に忘れないと思う
 


学びや幸福は数え切れないといっても
うまくいかず自信を無くしたり…
“早く大きくなって”と願ったり…
楽しいことばかりじゃないかも知れないけど
  
子育て中のママたち… 時は瞬く間に過ぎるよ
どうか一瞬々を大切にしてね
 


Eternal Flame / Bangles

         胸いっぱ いの愛 / 和訳
  
瞳を閉じて… あなたの手を差し出して…
私のハートの鼓動を感じるかしら
あなたにも分かる?
あなたも同じように感じてるの?
それとも、夢なのかしら
これが燃え上がる永遠の愛の炎なの
 


私は…運命だって、信じてるわ…
あなたの寝顔を見ていると
私こそ、あなたの居場所だとおもう
あなたにも分かる?
あなたも同じように感じてるの?
それとも、夢なのかしら
これが燃え上がる永遠の愛の炎なの
 


私の名前を呼んで
太陽の光が、雨をぬって降り注ぐように
とても孤独な人生に
あなたが訪れ苦痛を和らげてくれた
私はこの感激を失いたくない…
 

 
瞳を閉じて…あなたの手を差し出して…
私のハートの鼓動を感じるかしら
あなたにも分かる?
あなたも同じように感じてるの?
それとも、夢なのかしら
これが燃え上がる永遠の愛の炎なの
 


子守唄にいい Eternal Flame を聴きながら
今夜は眠りにつくとしよう
  
いつもありがとう銀河玲より愛と希望を込めて
未来が輝きで満たされますように